表現を豊かに

勉強

単語をできるだけ覚えて、英会話の表現を豊かにしよう

英会話を勉強するときに重要なことがいくつかあって、その中でも特に大切なことは英語の単語を出来るだけ多く覚えることです。わずかな単語しか知らなくても、英会話はできますが、それでは片言の会話になって、こちらが本当に伝えたいことや相手が伝えたいことを理解するのは難しい場合が多くなってしまいます。英語の単語を覚えるのに王道ではなくて、毎日少しずつ覚えていって単語の量を増やしていくのが英語と英会話の学習の基本だと言えます。英会話のスクールでも単語を覚えることには力を入れているので、学校で習った単語はレッスンの直後に復習にして確実に身に付けるようにしましょう。

すきま時間を使って単語を覚えよう

社会人として働いている方は、英語の単語をこつこつ覚えていくのは簡単なのことでありません。まとまった時間を取るようにした方が良いのですが、それができない場合はすきまの時間を使って覚えるようにすれば、英単語の数は少しずつ増えていきます。通勤の時間などは英単語を覚えるのにうってつけの時間で、例えば30分の通勤の間に5つの単語を覚えたとしても、1週間の間には40個近くの単語を覚えられるわけで、40個の単語の知識があれば、英会話を話すときには大きなプラスになります。単語は単語だけ覚えるのは禁物で、英文の中で覚えた方が効果的なので、覚えたい単語があったら、例文の中で覚えるようにすれば、単語力だけではなくて、英語の表現力もアップします。